メタルマッスルHMB 薬局

メタルマッスルHMBはドラッグストアでは買えない筋肉サプリ。どこで買う?

>>メタルマッスルHMBの詳細はこちら

 

主成分がHMBながら、クレアチンやBCAAという筋肉アップ成分も含んでいるオールインワンの筋肉サプリ、メタルマッスルHMB。

 

公式サイトには、GACKTさんの肉体美が全面にアップされていて、つい惹かれてしまいますね。

 

そこだけに止まっていないのがメタルマッスルHMBの実感力。96.5%の方が実感しています。

 

まず、目につくのが成分の凄さ。HMBは一袋に1,600mg、という業界トップクラスの配合量。

 

後に続く筋肉アップ成分がクレアチン、BCAA、グルタミン、さらに続くのが脂肪燃焼系の特許成分黒生姜エキス、吸収を高める黒胡椒エキス、血液サラサラ効果のビタミンE、最後は筋肉サポート成分7種、というもの。

 

含まれる成分量も業界トップクラスになります。

 

こんな筋肉サプリ、多少高くても、近くの薬局やドラッグストアで買えるなら試してみたくなりますよね。

 

ですが、残念なことにメタルマッスルHMBは、どこの薬局、どこのドラッグストアでも販売されていません。

 

プロテインの方は、どこの薬局やドラッグストアにも、これでもかとたくさん置いてありますが、筋肉サプリはほとんど見られません。

 

もともと、マツモトキヨシなどのドラッグストアでも、サプリメントの種類としてビタミン、ミネラル、ハーブ、プロテイン、アミノ酸、機能性表示商品の6種類の分類しかなく、筋肉に効く筋肉サプリは見当たりません。

 

筋肉というと、やはりまだ一般的にはプロテインであって、クレアチンやHMBという成分はあまり知られていない、ということかもしれませんね。

 

クレアチンやHMBはサプリメントとして取り入れられるようになってから10年弱ぐらいなので、これから有名になっていくサプリメントともいえます。

 

それでは、薬局やドラッグストアで買えないメタルマッスルHMBは、どこで買えばいいのでしょうか。

 

公式サイトにあるもの

どこで買ったらいいか、わからなかったら、楽天やAmazonではなく、まず公式サイトをチェックしてください。

 

>>メタルマッスルHMBの公式サイトはこちら

 

筋肉サプリは、日本製かどうか、成分は安全か、コストはどのくらいか、を他の種類のサプリよりも、しっかりチェックする必要があります。

 

飲み過ぎると肝臓や腎臓に負担をかけることもある筋肉サプリは、それだけ成分チェックも大切なのです。

 

メタルマッスルHMBは
・日本製
・パーソナルトレーナー監修
・健康食品
です。

 

メタルマッスルHMBの公式サイトにあるものは、初回限定、毎月300名様限定のキャンペーンです。
・メタルボディーコースという定期便の初回価格が500円(税抜)で送料無料
・2回目以降は、6,480円(税抜)で、ずっと送料無料
・4回目まで継続が条件
・30日間返金保証つき

 

その他にも含まれている成分について、わかるようになっていますし、口コミもあります。

 

筋肉サプリに代わるものとして、薬局やドラッグストアにはどういうものが置かれているのでしょうか。

 

マツモトキヨシオンラインストアで調べてみました。

 

ドラッグストアや薬局にあるもの

筋肉アップに関わる成分で、筋肉サプリに代わって薬局やドラッグストアにあるものは、やはりプロテインです。

 

そして、もう一つはアミノ酸サプリです。

 

筋肉サプリはネットで買って、プロテインやアミノ酸サプリは種類も価格も豊富な薬局やドラッグストアで買う、という方もいます。

 

筋肉サプリは主成分の含有量は多いのが特徴ですが、他の成分はやはり少なめになってしまうのがデメリットでもあります。

 

そのデメリットをプロテインやアミノ酸サプリで補うことも、筋力アップに役立ちます。

 

プロテインやアミノ酸サプリの特徴を参考に、筋肉サプリと併行して使ってみてください。

 

プロテインの特徴

プロテインは大まかに3種類に分かれています。
・ホエイプロテイン(牛乳からとれるホエイを原料にしたもので消化吸収が早い)
・カゼインプロテイン(牛乳が原料なのに消化吸収は緩やかで満腹感が得られる)
・ソイプロテイン(大豆を原料にしたもので消化吸収は緩やか)

 

トレーニング後の栄養補給に役立つのが、消化吸収が早いホエイ(乳清)プロテインです。ホエイとは、牛乳からカゼインや乳脂肪分を取り除いた水溶液のことなので消化吸収が早いです。

 

ダイエットが目的の人には消化吸収が遅くて満腹感を得られるカゼインプロテインがオススメ。女性には脂肪分が少ないソイプロテインがオススメです。

 

プロテインのメリット

1.タンパク質の栄養素そのものなので誰でも安心して飲むことができる
子供の栄養補給でも使えるプロテイン。水に溶かして飲むタイプ。子供も安心です。

 

2.トレーニング直後はホエイプロテイン、夜寝る前や忙しい朝にはカゼインプロテイン、ダイエットにはソイプロテイン、といったぐあいに分けることで、常にタンパク質を補充できる

 

アミノ酸サプリの特徴

BCAAという必須アミノ酸を含むアミノ酸サプリが多いです。BCAAはロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸のことです。

 

タンパク質(プロテイン)が分解してアミノ酸になり、アミノ酸が分解してロイシン、イソロイシン、バリンができます。

 

この分解のプロセスは時間がかかるので、直接BCAAの栄養素を吸収して筋肉への効果を得ようというのがアミノ酸サプリです。

 

BCAAは筋肉をつけるためのサポートだけではなく、トレーニング後の筋肉が落ちる(筋肉の分解)のを抑える効果があり、疲労回復も促進してくれます。

 

また、体内への吸収も早く、血中アミノ酸濃度を一定にするために空腹時に飲むと効きます。
プロテインや食事と一緒に飲むと、タンパク質に吸収を阻害される可能性があるので、アミノ酸濃度が下がっている空腹時に飲んで筋肉の分解を防ぎます。

 

BCAAを含むアミノ酸サプリのメリット

疲労回復を促進できるので、筋肉痛が軽減します。運動の30分前にアミノ酸サプリを飲んで、運動中にも飲むと、運動後の疲労や筋肉痛の回復も早いです。

 

HMBをとれるのは筋肉サプリだけ!

メタルマッスルHMBのHMB配合量は、業界トップクラスです。といっても、HMBという成分は、日本で販売許可をされたのが2010年なので、まだあまり浸透していないですね。

 

アミノ酸サプリでもクレアチンやBCAAを含むものは多いですが、HMBを含むものは調べた範囲では、ほとんどありません。

 

HMBはBCAAのひとつロイシンが体内で代謝されてできるものですが、1gのHMBができるには約20gのロイシンが必要です。

 

HMBの一日の推奨摂取量が一日3gですから、60gのロイシンが必要になります。この量をチーズでとるためには約2t食べなければなりません。

 

HMBはそれほど希少なものなのです。

 

HMBをとれるのは、いまのところ筋肉サプリだけです。

 

HMBの筋肉への凄い効果!

希少価値のHMB。BCAAのロイシンの代謝物なので、BCAAと似た効果があります。ですが、BCAAの何倍もの効果を発揮できます。

 

HMBを初めて使う人には特効が得られ、ハードなトレーニングを続ける筋トレ上級者は筋肉の分解を防いで疲労回復が早くなるので、持続力が期待できます。

 

HMBの特徴としては
・クレアチンとの相性がよく、併用すると効果が倍増する
・一日3gが推奨量なので、一日の間に1gずつ3回に分けて使うといい。筋トレ前や筋トレ後に飲み、後は食事と一緒にとる。

 

メタルマッスルHMB、プロテイン、アミノ酸サプリまとめ

ネットでメタルマッスルHMBを買って、ドラッグストアや薬局で自分に合うプロテインやアミノ酸サプリを併用するのも、筋トレを続けて筋肉アップするにはいい方法ですね。

 

ただ、それぞれ使うタイミングがあって、最初のうちは戸惑ってしまうことも。そこで、筋トレする日と筋トレしない日に分けて、飲むタイミングの例をあげてみました。参考にしてください。

 

メタルマッスルHMBの飲み方の一例をご紹介

 

筋トレする日

基本的に水で飲むこと
筋トレ前→メタルマッスルHMB
筋トレ中→アミノ酸サプリ
筋トレ後→ホエイプロテイン(糖質をプラスするとさらに効果が増す)

 

メタルマッスルHMBの目安量は一日6?10粒。HMBは、一度に飲むよりは何回かに分けて飲む方がいいので、筋トレ前、あとの1回か2回を食事と一緒にとるようにします。

 

筋トレしない日

朝食時→メタルマッスルHMB、またはホエイプロテイン
昼食時→メタルマッスルHMB
夕食時→メタルマッスルHMB

 

筋トレする日も筋トレしない日も、就寝前の栄養補給には、消化吸収が緩やかで長時間作用するカゼインプロテインやソイプロテインがオススメ。食間の空腹時には、血中アミノ酸濃度が低下しないようにアミノ酸サプリで補います。

 

サプリメントは医薬品ではなく健康食品の分類なので、基本的に飲む回数や飲むタイミングは表示されないことになっています。

 

あくまでも自分で試してみて、口コミなども参考にしながらベストタイミングを見つけてください。

 

まとめ

メタルマッスルHMBは薬局やドラッグストアでは販売されていません。だからといって、薬局やドラッグストアにあるプロテインやアミノ酸サプリを利用しない手はない、ということで、いろいろ調べてみました。

 

相乗効果で効果が増すことも十分、考えられます。

 

筋肉は筋トレで痛んだ筋肉を修復、休養というプロセスを経て強く大きくなっていきます。修復、休養に最適なのがHMB。

 

HMBの配合量が業界トップクラスのメタルマッスルHMBを活用して、理想のモテBODYを目指したらいかがですか。

 

メタルマッスルHMBの公式サイトには、お役に立つ情報ものっています。一度、ご覧になって参考にしてください。

 

>>メタルマッスルHMBの公式サイトはこちら